お久しぶりです。本当に。

お気に入り登録をして下さった皆様、誠にありがとうございます。


さて、前回の記事では『夢小説を書く前に』気をつけることを書きましたが、今回は

『夢小説で気をつけること』を書こうかと思います。

かなり長くなることが予想されますので、大体2回か3回に分けて書こうかと思います。それほど夢小説は気をつけなくてはならないことがある、という事です。


ATTENTION

この記事では多少批判的な内容を含む可能性がありますが、あくまで記事を書いている私の個人的な意見です。決して鵜呑みになさらないよう、ご協力願います。ルールを守って、楽しい二次創作ライフを。


では、参りましょう。


どのサイトに書くか、それが問題だ。

夢小説は、載せるだけならばどのサイトでも可能です。

ですが、夢小説の場合はそれに向いたサイトがあったりします。大きく二つを紹介していこうと思います。

占いツクール

http://uranai.nosv.org

占いツクールは、基本的に誰でも手軽に楽しめるという特徴があります。

夢小説をメインとしているので、ユーザーの好きな名前に変更して(この仕様を以下ドリーム機能と呼びます)、自分と主人公を重ね合わせることが出来ます。

年齢層は最年少が私が知っている範囲で中1から(私も中1から始めています)と、幅広い人が楽しんでいます。

占いツクールは夢小説だけではなく、

  • アンケート
  • 占い
  • フローチャート

などなど、結構沢山のオプションがあるので、夢小説はもちろんブログ運営に向けた第一歩、という風に考えることも可能です。


欠点としましては、

  • 年齢層が低い
  • 画像を載せづらい(仕様の問題かと……)
  • マイナーな作品だとそもそも見つからない場合がある

といったものがあります。

実はアプリもあるのですが、個人的にはブラウザ版を推奨します。ブックマーク登録をお忘れなく。


フォレストページ

http://id.fm-p.jp

こちらのサイトは今現在アクティブユーザーは多くは無いですが、かつて利用していた方の作品を見るというような楽しみ方があったりします。

今はフォレストページ+(https://plus.fm-p.jp)という新しいバージョンが発足しているようです。私はあまり覗いたことが無いのですが、共通しているのはオリジナル小説の投稿も出来るという特徴です。このサイトにもドリーム機能はございます。

このサイトはパスワード設定が出来るので、18禁の小説を書きたい場合はこちらを推奨します。


といった具合です。

夢小説は先述の通りどこでも書けることが多いですが、夢小説をたくさん書きたい人はとりあえず上記の二つや『SS文庫ページメーカー』というツールで作った画像をTwitterに公開するという形でも可でしょう。


誰かに(見られてもいい範囲で)公開しないと評価はもらえませんし伸びません。

とにかく書き出してみましょう!