文房具好きといえば一度は作ってみたい、マスキングテープ!今では個人でも作れるようになりました〜。

ただ、単価がめちゃくちゃ高い!ということでいろいろ比較と、グラフィックで作ったらどうなったかをまとめてみます。


どこの印刷所がいい?


今回、まず調べてみたところが pixiv FACTORYです。

1個から作れるのと、同人系に強いということで、手軽かな?と思い調べてみました。とりあえず、幅15mm、100部の比較です。


サイト上にアップされている価格表ですが、高っっっ! 1個作るのに670円・・・一体いくらで売ればいいのだろうかと心配になるぐらい。

そして納期も1ヶ月かかるので、他を探してみることにしました。

次に、おなじみの グラフィックです。



やはり高めですが、pixivが670円に対して1個417円で作れます。ただ、ラベルをつけるとなると有料で、1個につき100円だそうで、つけるとなると517円になります・・・

ただ、10日納期なのがめちゃくちゃ早いです!すごい。

次に、ネット検索でみつけた 丸天産業です。


一番安い・・・!しかもラベルありでこの値段です。



ですが納期が1ヶ月ほどで、1ヶ月ごとに締め切りがあります。計画的に、時間がある時はいいかも!


結局のところ印刷所は・・・

今回は1ヶ月後にイベントがあったのと、丸天産業だとスケジュールが間に合わなかったので、次回はこちらで、今回はグラフィックに注文することにしました。


デザインを作ってみた

15mm幅で、上下の幅はデザインが切れないように1mmずつあけています。



食パンがいっぱい!パン調べてるとお腹がすいてくる不思議・・・


商品ができた!


10日納期なので、あっという間に届きました〜



すごい・・・できた!個人でもマスキングテープは作れる!無駄に貼っちゃう・・・


色や画質は?


色は貼ると少し濃くなるような・・・?でも気にならない程度の誤差です。クリアファイルと同じで、少しグレーが濃くなったかも。グレーを全面にひく場合などは注意したほうがいいかもです。

あと、少し気になったのはグラフィックのマスキングテープは右出しのみで(右に引っ張って出す)、ほとんどは左出しなのであれ?と思いつつの注文でした。ちゃんと注意事項にも書いてあったので、画像を反転とかにしたら左出しにできるかな?と考えてみたのですがデータチェックなどひっかかったら面倒かもと思い、やめておきました。


まとめ