mochiです。

最近webデザインも練習しています。

今回、同人・学業・実務問わず、紙ものやロゴを制作してきた経験を振り返って、これが早道だな、重要だな、この機能知らなくてある時点まですごく損してた、と感じたことを3点にしぼって記します。

(パスファインダーや整列といった基本的な機能に関しては割愛します)

わりとふわっとした覚書程度ですし、知っている人は当たり前に感じる話もあると思いますが、イラレ初心者の方の練習の参考になればと思います。




目次

  1. ショートカットキーを覚える
  2. パスのトレース
  3. こんな機能ないんかな…?となったらスクリプトを探してみる









1. ショートカットキーを覚える


有無を言わずショートカットキーを覚えると、どんなツールがあるかも一緒に覚えるし効率もよくなるので楽です。

左にカーソルをわざわざ持っていかんくていいので、覚えましょう。覚えましょう。後がめっちゃ楽になります。速くなるし。


かといって、すべてのショートカットキーを覚えるのは難しいので、自分の使う範囲、ある程度の頻度があるものや便利なものを覚えればいいかなあと思っています。


以下わたしがよく使う(よく覚えている)ショートカットキーです。⌘Cや⌘Z、⌘Sは割愛します。



デフォルト搭載のもの

v …選択ツール

A …ダイレクト選択ツール

C …はさみツール

shift+C …アンカーポイント変換ツール

t …text:テキストツール

テキストボックスを⌘+Enter …自動的に選択ツールに戻ります。

m …長方形ツール

o …optical:左右反転ツール

R …roll:回転ツール

alt+スクロール …拡大・縮小(トラックパッドだと重宝します)


⌘+G …グループ化

⌘+shift+G …グループ解除

⌘+7 …クリッピングマスク

⌘+alt+7 …クリッピングマスクを解除

⌘+5 …パスからガイドを作成

⌘+; …ガイドを表示/非表示

⌘+option+; …ガイドをロック


オリジナルで使っているもの(キー登録しているもの)

⌘+option+F …パスのオフセット

⌘+option+shift+D …個別に変形

1〜10の数字キー …10%〜100%の不透明度(めっちゃべんり)






2.パスのトレース


イラレの特徴であるパス。プロの方々が作るロゴやフォント、イラストにあるような優美なパスが描けるようになれれば、触れたらすぐに崩れてしまいそうな滑らかな曲線、スピードを感じる勢いのある曲線など、表現の幅が一気に広がります。


パスによる曲線を練習するには、現存のロゴやイラストをトレースするのが一番近道だと感じます。要は画像を下に敷いて、パスでなぞるという話です。

例えばスタバのロゴのようなイラストロゴや、ラーメン一蘭みたいな筆文字なんかはかなり勉強になると思います。


フォントなんかも面白そうです。キツそう。

ちなみに、有機的なロゴや作字を行う場合はアナログで描いたものをトレースすることが多いです。このような感じです。

右からアナログ原画 → パストレース → 完成品



パスを弄るコツは長くなるので割愛します。井上のきあさんの「PATH BOOK」などはすごく参考になるかと思います。

詰まったらフォントをアウトライン化してパスを観察したりロゴ制作の動画を見るとよいでしょう。






3.こんな機能ないんかな…?となったらスクリプトを探してみる


Illustratorにはスクリプトという機能があり、円の接線をつくるとか、サインカーブを描くとかいった「ありそうでない機能」をJavaScriptのファイル(.jsファイル)を開くことで実現してくれます。

そんなスクリプトファイルは多くのイラレユーザーの方が制作して公開しており、無料のものも多いのでぜひ活用しましょう。

ツールバーに追加はできませんが、ショートカットキーを割り振ることはできます。


便利なのはここでまとめられていますのでとりあえず入れて試してみるといいと思います。


llustratorを使うとき、私が手放せない10個のスクリプト(2017更新版)+ 入手できるスクリプト一覧


特に3階ラボ株式会社さんが多く公開されており、会社の公式サイトではイラレテンプレートやベクター素材なども多く無料公開されています。(企業さんなので直リンクを貼るのは避けます)

これが無料でいいのか…











最後に、この記事に記したことは私の経験上役立ったことです。

普通にIllustrator練習本を一冊コツコツやるのもいいと思いますし、上達の仕方は人によると思います。


私はトレース→制作→中級者向けの教則本 といった感じで練習してました。

教則本はこちらの本をコツコツ進めています。本当に中級者向けの本で知らなかったことばかりでした。。

使う頻度も高くない技術も多いですが、「直しに強いデータ」や「効率のいいやり方」を覚えるのに本当によいです。人とデータやりとりし始めたらめっちゃ大事。直しに強いデータ。


10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識 - Amazon


まぁ私は若干ムラがあると思いますし、例えば練習遠近ツールやグラフツールはほぼ使わないのであまりわかりません。作るものに合わせて覚えていけばいいと思います。



あと、Twitterで情報発信を多くされているデザイナーさんをフォローするのもオススメです!

最新のスクリプトや、Adobeの新機能、おすすめの教則本、良い素材サイトなどの紹介ツイートが多数流れてきます。

TL見ている時もデザインの勉強になるのすごい。SNSすごい。





機能と表現は裏表だと思っているので、表現を知るのに機能から攻めるのもありだと思います。一通り機能に慣れたら他の作品を見て引き出しを増やしつつ、その作品のパスや作り方を想像したり何のフォントか想像したりCMYK値を想像したりしてガンガン表現につなげていきましょう。